前へ
次へ

食べ物が、身体を作り心を育てます

人は生まれた場所や育った土地から、色々な恩恵を与えられますが、人工的な環境しか知らなければ人としてよい判断が出来ないことがあります。
親が料理が好きでない環境に育ち、ジャンクフードなどをいつも摂取してしまうと、生活が乱れて健康な身体になれないこともあります。
反対に、自然のよさを体感しながら育つと、人として安定した考えを持つようになります。
人間は食事の内容によって、心が安定したり不安定になったりしますから、体質に合った栄養素をまんべんなく取ることが必要です。
偏食がひどい人は、人に対しての好き嫌いが極端になったり、我慢や忍耐が苦手になり社会に出てから苦労することがあります。
丈夫で柔軟な魅力的な人になるには、それなりに食事に気を付けて生活しなければなりません。
一流のアスリートなどは、細かな食事制限をこなして自分に厳しくして、能力を高めています。
また、勉強に集中するためには、カルシウムや糖質、たんぱく質も欠かせません。
高齢者になってから問題を起こして迷惑をかけないようにするためにも、日々の食事内容を健全にする必要があります。

Page Top