前へ
次へ

パンも朝はしっかりと他に何か食べておくこと

人間まともに活動しようとすればエネルギーがいるわけだから食事が欠かせません。
その食事は基本的に朝昼夜の3回が理想だとされます。
さて寝た後の最初の食事である朝食は日本人の場合は和食派とパン食派に大きく分かれてるようです。
少なくてもそれ以外の中華などは少数派なようです。
和食派の意見に言わせればパンは腹持ちが悪いといいますし、パン食の人に言わせれば和食は準備をするのが面倒だといいます。
ただパン食の自分に言わせるとしっかりエネルギーを補給するのであれば、単にトースト1枚だけを食べるのではなくて、その他にいろんなものを食べる必要があります。
というのはトースト1枚だけではライス1杯だけ漬物と一緒に食べるに相当するからです。
和食派の人たちは実際にはライスだけを食べてるのではなくて、みそ汁とかおかずなどを食べてます。
というわけでパン食といえどもパンやマーガリンやジャムだけでなく、ヨーグルトやポテトサラダやハンバーグ肉やレタスなども一緒にサンドイッチやハンバーガーなどの形で食べることでエネルギーのプラスになるし、満腹感を得ることができます。

Page Top