前へ
次へ

糖質制限もやり過ぎれば毒になる

今の日本では、糖質制限が流行っています。
健康的、ダイエットにいいといろいろ言われていますが、実際はどんな感じなのでしょうか。
糖質は米やパンなどの主食や甘い物に多く含まれ、体のエネルギー源の代表になっています。
その分取り込む機会が多く摂取過剰になりやすいため、あえて食事から外すことで体を健康に保つというのが糖質制限の概要です。
肥満の原因でもある糖質過多を防げるため、いかにも健康的なように思えます。
ところが、行きすぎた制限はかえって毒になります。
糖質は抑えるべきものではありますが、不要なものではありません。
脳のエネルギーになるほか、体に熱量を供給するという役割も持っています。
体内の熱量が足りなければ内臓の働きが鈍り、逆に健康を害することになりかねません。
そのため、糖質制限を行う場合でも最低限の糖質摂取をすべきという声が多数あります。
健康そうといきなり飛びつくのではなく、適切な方法に従うことが大切です。

Page Top